釜炒り茶

日本の緑茶と言えばその多くが蒸して作る「煎茶」です。一方釜炒り茶はその名の通り、釜で炒って作られ、釜香(かまこう)という釜炒り茶特有の芳ばしい香りと黄金色の水色が特徴です。かつては日本のあちこちでさかんに作られていた釜炒り茶ですが、近代化の中で生産性の高い蒸し茶にとって代わられ、みるみるその姿を消していきました。つまり今も残る釜炒り茶は、そんな流れの中にあっても静かに綿々と作り続けてきた農家があるからこそ残っている、貴重なお茶だと言うことができます。


在来茶

在来茶はその土地に元々自生しているお茶のことで、品種登録をされていないお茶です。九州に在来茶が多く残っていて、離島の対馬でも至る所に自生しているお茶が見られます。対馬にはかつて木庭作(こばさく)と呼ばれる伝統的な野焼きが盛んでしたが、先代によると野焼きの後真っ先に生えてくる木と言えばお茶の木だったということで、大変生命力の強い木です。

 

対馬ふうき

対馬ふうきは「べにふうき」という品種のお茶を、「半発酵」させて作った、当園オリジナルのお茶です。 べにふうきは緑茶にすると花粉症に効く成分がありますが苦みの強いお茶です。半発酵茶は、例えば烏龍茶が代表的なもののひとつですが、摘んだ茶葉をしおれさせ内部の酵素による微発酵を促す、「萎凋(いちょう)」という工程を踏み、次に「青殺(さっせい)」という発酵止めをして仕上げます。この工程を経ることでべにふうきのもつ華やかな香り引き立ち、苦みが抑えられます。

 

ーーー   お買上金額が合計4,400円以上で送料無料になります。   ーーー