April 13, 2022

 

 

 

 



皆様こんにちは!
気が付けば4月中旬!!あっという間に茶摘みシーズンがくる気がしている大石家嫁でございます☺




当園では先月の柚子の定植に続き、今度はお茶の定植です♪
事務や加工担当のスタッフさんも加わってみんなで目指せ1000本‼
ってことで頑張りました♡

始める前にレクチャーをうけます。
一人ノルマ100本なので真剣に聞きます(笑)

なるべく同じ間隔で真っ直ぐ植えていきます!


少しの歪みは気にしな~い(笑)
なんと午前中で約1600本ほど植えることができました✨
スタッフの皆さんに感謝✨✨✨

この日以外に植えたものを含め、約4000本の新しいべにふうきを定植しました。
害獣に食べられず、すくすく大きくなってほしいと願うばかりです。

 

当園ではべにふうきは対馬紅茶だけでなく、
半発酵の釜炒り茶の対馬ふうき
紅茶を炒って仕上げた焙じ紅茶
不発酵の釜炒り緑茶に仕上げます♪


全部同じ品種の茶葉から作るのですが、摘むシーズンや製造工程の違いによって香りも味わいも全く違うお茶が出来上がります☺

 

抽出方法によっても味わいが変わるのでお茶って不思議ですよね~
奥が深いです。。。

 

さてさて話は変わりまして、先日食べたずんだ餅&くるみ餅♡

わたしのソウルフードです(笑)

九州だと見ることがない?この餅たち。。。
このセットが大好きで故郷に帰れば必ず食べます(笑)
ぜひ東北にお越しの際は一度食べてみてください♡
(何の宣伝w)


餅って文化の違いがよく出る食べ物だなと思います。
対馬で初めて食べたあんこ餅の餡が中に入っていたのにはびっくりしました。
(こうゆうの↓)

 

 

 

 

 

 

私の故郷のあんこ餅はこのスタイル(笑)

 

文化の違い。。。
奥が深い~(2回目)
皆さんの地域のあんこ餅はどんなスタイルでしょうか☺

 

話が脱線しまくりですが、当園のべにふうきのお茶はお餅とも相性抜群です♡
ちなみに大石家では、急須で淹れて湯呑に注いで飲むことがほとんどです。
紅茶ってなんだか淹れるの難しそうと思われがちですが、いつもの急須で全然OKです☺

当園の対馬紅茶、ぜひ味わっていただきたいです。



さて今年はどんなお茶ができるか楽しみです♪
お茶摘みや製造の様子もブログを通して、お伝えできたらと思います。

うららかな好季節、心穏やかにお過ごしください。
おしまい♡

 

 



このブログ記事についてコメントを残す

コメントは管理者の承認を得たものだけ表示されます。